リプライセルが生産終了!販売終了と販売中止に。もう買えないよ?

iHerb(アイハーブ)

はい、こんにちは😃!大谷と申します(´ω`)

約8年間飲み続けているリプライセルがiHerb(アイハーブ)等の個人輸入通販で突然買えなくなったので調べてみました。

はやく結論が知りたいというひとのために冒頭で結論をザックリと説明しますと

リプライセル自体の製造販売は終了しました。ただ、リプライセルを製造している会社がリプライセルと全く同じ原材料・成分のリポスフェリックという商品を代替え品として販売しています。

大谷さん
大谷さん

要するに『名前だけ変更され、中身はリプライセルと全く同じ新商品が販売された』ということ。

日本では

商品をアップデートするときは、商品名はそのままでパッケージを新しくしたりフレーバーを追加したりするのが一般的ですが、商品名を全く別名にして販売するのは珍しいですよね。

値段は若干安くなっているので、さらにブランド価値を高めたいのが狙いでしょうか。

リプライセルの代替え品はリポスフェリックになります。

リプライセルの製造販売元と同じ会社が製造しています。

成分も全く同じです。

違うのは名前だけです。

そもそもリプライセルとは?

リプライセル(lypricel)は米国のLivOnLabs社が製造販売しているリポソームビタミンCの商品名です。

リポソームビタミンcとは?

ビタミンCをリン脂質で構成されるマイクロナノカプセルに包み込んだものです。

大谷さん
大谷さん

水と油の両方に溶けるのがリポソームビタミンCの特徴です。

リプライセルとリポソームビタミンCの違い

リプライセルはリポソームビタミンCの商品名なのですが、他の会社が製造しているリポソームビタミンや自作で作るリポソームビタミンCに違いはあるのか?を説明します。

結論を言いますと・・・『違いはあります!!』

リポソームビタミンCはマイクロナノカプセルにビタミンCを封入している状態ですが、封入するのに高度な技術が必要になってきます。

リポソームビタミンCの品質は工場の設備費用と比例します。

大谷さん
大谷さん

リプライセルを生産するLivOnLabs社はいち早くリポソームビタミンCの工場生産に取り組んだ会社で、巨額の設備費用を投じて最高の品質を維持しています。

リプライセルはリポソームビタミンCカテゴリーで世界の売り上げ1位!

リプライセルが販売終了!?なぜ??

日本でも圧倒的な人気を誇るリプライセルですが、なぜ買えなくなったのでしょうか?

リプライセルがリポスフェリックという名前に変更され新商品として販売されたためです。

リプライセルと成分・原材料が全く同じリポスフェリックが新商品として販売され、旧製品のリプライセルは事実上の販売終了に。

大谷さん
大谷さん

リプライセルは買えなくなりましたが、商品名以外全く同じのリポスフェリックが新発売されました。

値段が若干安くなって販売されているので、リプライセルからリポスフェリックに乗り換えてねっていうことでしょうか。

原材料・成分等はそのままで名前だけ全く別の商品に生まれ変わって新発売されるのは、かなり珍しいですよね!

リプライセルの代替え品「リポスフェリック」はどこで買える?

リプライセルの中身はそのままで名前がリポスフェリック(Lypo-spheric)に変更されたことをお話ししました。

そのリポスフェリックはどこで買えるのでしょうか?

リプライセルは個人輸入通販サイトのiHerb(アイハーブ)等で格安で購入できました(今現在は販売中止になっています)が、リポスフェリックはiHerb(アイハーブ)で取り扱われていません。

リプライセルを個人輸入する最大のメリットは価格の安さです。1回の注文価格が16666円以下であれば関税も消費税もかからず、ほぼ現地と同じ価格で購入できたわけです。

しかし、リポスフェリックはほとんどの個人輸入通販サイトで取り扱われていません。

なので、リポスフェリックを日本で購入する場合はリプライセルとリポスフェリックの製造販売会社であるLivOnLabs社の日本の正規販売代理店である株式会社スピックが運営する公式通販から購入することをお勧めします。

日本の正規販売代理店の公式通販はこちらになります。

1箱3590円(税込み)で買えて配送も早いのが魅力ですね。

LivOnLabs社公認の公式通販サイトなので安心安全です

リプライセル難民の方はぜひリポスフェリックに乗り換えてみてはいかがでしょうか?